日々のあれれれ ← 日々のあれこれ


by ponta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

濃菜麺 井の庄

濃菜麺。

a0018364_1423546.jpg

[PR]
by misoitame | 2012-01-30 11:30 | ダイエット

ファンサイトをチェック

BlackBerry FanSiteをひととおりよんでみることにした。
[PR]
by misoitame | 2012-01-29 14:51 | 道具

テザリング

blackberry9900はテザリングができる。
購入を検討したい。
[PR]
by misoitame | 2012-01-29 14:38 | 道具

まだあった

こここをメインにしようかな。
カテゴリも設定して。
[PR]
by misoitame | 2012-01-29 12:00 | ブログ
2008年6月18日の記事
◆行く店、行きたい店
1)喜楽(百軒店)
2)大勝軒(豊玉)
3)太陽(江古田)
4)八眞茂登(銀座)
◆行くだけの店
5)福しん
6)坂内(桜台)
7)曙(新富町)
8)はしご(新富町)


いまならこうなる。
◆行く店、行きたい店
1) 喜楽(百軒店)
2)まるよし商店
3)味噌一
4)大勝軒(江古田)
4)一心軒(江古田)
4)六厘舎(東京駅)
◆行くだけの店
なし
1、2位は別格。
[PR]
by misoitame | 2012-01-29 00:00 | たべる

方広寺

a0018364_11352777.jpg
梵鐘の銘文の国家安康と君臣豊楽は白く明示してある。
耳塚も近い。
場所
方広寺
京都府京都市東山区茶屋町527-4

[PR]
by misoitame | 2012-01-14 13:00 | 散歩

瀧尾神社

a0018364_9419.jpg
a0018364_94475.jpg
a0018364_9468.jpg
a0018364_94798.jpg
辰年ながら、
喧騒を離れて静かに散歩できる。タクシーの往来は激しい。

拝観者は数組。
清掃をしていた女性が縷々案内している。

拝殿にはブルーシートが敷いてあり、土足のまま上がれるようにしてあった。天井の龍は全長8メートルだという。正月に参拝したというS氏に教わった。

京都東山区南部地域活性委員会のサイトにはこうある。
天正14(1586)年10月に、豊臣秀吉が方広寺大仏殿を建立したのに伴い、現在地に遷座した。現在の本殿、拝殿、手水舎、絵馬舎は、下村家(現在の大丸百貨店)の手により、は江戸後期の天保10(1839)年〜11年にかけて造立された。
拝殿の天井には全長8mの巨大な龍の姿がある。無垢材で仕上げられた、木目も麗しい龍は、巨木を何十本も使って作られた大きなもの。日本一の大きさとも言われている。木目の位置まで計算し、立体感や躍動感が湧き出るように製作されている。

出来が良かったため、夜な夜な抜け出し、近くを流れる今熊野川まで水を飲みに行くとの話が広がった。神社側では拝殿の天井に網を取り付けて、龍が自由に動けないようにしたという。現在は網はなくなっており、拝観も自由。スリッパに履き替えて拝殿の上に上り、自由に龍の姿を堪能できる。

場所
瀧尾神社
京都市東山区本町11丁目718

[PR]
by misoitame | 2012-01-14 11:00 | 散歩

ジャム・ハウス

早朝、散歩がてら[ジャム・ハウス]をさがした。

コール・ミルクをよくのんだ。
おもいもよらず「ホワイト・ルーム」がかかってはしゃいだこともあった。
収録アルバムの邦題はすごい。『クリームの素晴らしき世界』。


a0018364_19525945.jpg

店が元あったビル。閉鎖されていた。
看板がでている。
入り口の上のミッキーの看板はなかった。

a0018364_19525872.jpg

同じ木屋町通りをやや上がった、四条よりのビルに移ったようだ。
1969年に開店したのだね。

ロック・ジャズ喫茶のマッチを集めたサイトがあったのでこころおぼえに貼っておく。
ここにのっているジャム・ハウスのマッチはしらないデザインだ。こんなだったのかな。

マッチは広口のガラス瓶にほうりこんだまま残っているはずだ。そのうち画像にしよう。
[PR]
by misoitame | 2012-01-14 07:00 | 散歩