日々のあれれれ ← 日々のあれこれ


by ponta
カレンダー

<   2013年 08月 ( 75 )   > この月の画像一覧

Sukiyaki

作品名極道めし
監督名前田哲
土山しげる原作の映画がつづく。

残り34分あたりで木村文乃がつくる永岡佑のしゃばでの最後のめし、キャベツ入りラーメンがいい。

どんぶりに千切りキャベツをいれておき、鍋のインスタントラーメンをあけ、きざんだ大量の万能ネギ、ニンニク入りの焦がしネギをトッピング。最後にアツアツのネギ油をかける。

ラスト、〔ラーメン しおり〕で木村がだすラーメン700?もキャベツ入りラーメンだった。
平網をつかっている。

なかなかの網捌き。キャベツ、ネギもけっこう上手に刻む姿が映像になっていた。

ネギ油はかけていなかった。
トータス松本の「上を向いて歩こう」につながるシーンはいいな。
評価(星1つ)

[PR]
by misoitame | 2013-08-31 23:00 | ビデオ
作品名喰いしん坊!2 大喰い苦闘篇
監督名松山秀二
評価(星1つ)
土山しげる原作。

[PR]
by misoitame | 2013-08-31 20:00 | ビデオ

お志ど里

a0018364_19143351.jpg
a0018364_19143625.jpg
冷奴250。

アジフライ480。肉厚。
醤油でたべるにかぎる。
うすい開きのフライがたべたい。
付け合わせのマカロニはよい。

マグロ納豆も美味。

おしんこ盛り合わせはあまりにつつましかった。ハズレ。

一番搾り大瓶から角ハイボールへ。



評価(星3つ)

[PR]
by misoitame | 2013-08-31 16:00 | たべる

特製つけ麺/頑者

a0018364_20485358.jpg
特製つけ麺1,000、スーパードライ中瓶550。

はじめから海苔が沈んでいる。かなしい。

太いストレート麺。3本ずつとってたべた。
量がちょうどよい。
最後も3本だった。
使った金額1,000円~1,999円
評価(星3つ)

[PR]
by misoitame | 2013-08-30 20:00 | たべる

親子丼/辰の字

a0018364_12455560.jpg
a0018364_12455732.jpg
a0018364_12455852.jpg
親子丼850。

焼き方の主が不在だ。
本日は親子丼だけ。
焼鶏弁当をまたもたべそこなった。

ゆるいたまごがうまい。
スプーンが用意してあるが、箸でたべたい。

無垢のよいカウンターである。

いちばん入り口よりの椅子だけ、前後を逆にしておいてあった。

強烈な日ざし。猛暑がもどってきた。

[PR]
by misoitame | 2013-08-30 12:30 | たべる
キューピーがほしくなった。
朝、ひとつぶ。

ベルトがいつもの穴ではきつくなった。
[PR]
by misoitame | 2013-08-30 06:00 | ダイエット

千登利

a0018364_7131280.jpg
a0018364_71314100.jpg
a0018364_7131555.jpg
a0018364_7131688.jpg
サッポロ黒大瓶、肉豆腐。
かぶ。
皮、ししとう、サッポロラガー大瓶。
かも、サッポロラガー大瓶。
4,030。

けっこうすいていた。

まず、とうふ。そして、かぶ。こいつらがたのしみだ。
あとは気ままに焼いてもらう。

女将もマスターもあいかわらず。
マスターが「これもうまいよ」とサッポロラガーをだしてくれた。

大瓶をいくつもならべては無粋である。3本できりあげた。

禁断の地としてきたが、そろそろ呪縛をといてもよいだろう。

使った金額3,000円~4,999円
評価(星5つ)
店舗情報
千登利 池袋
東京都豊島区西池袋1丁目37-15

[PR]
by misoitame | 2013-08-29 20:30 | たべる

もやしそば/萬福

a0018364_832716.jpg
使った金額1,000円未満
もやしそば780。

炒めたもやしがのっている。

瀬戸物のレンゲがそえられていた。
金属のレンゲは調味料のわきに数本ずつおいてある。
瀬戸物のほうがすきだ。

[PR]
by misoitame | 2013-08-29 13:30 | たべる

冷やし中華セット/龍記

a0018364_22454776.jpg
一番搾り中瓶500。
冷やし中華セット850。チャーハン、サラダ、ザーサイ、杏仁豆腐がつく。
まずチャーハンから。
そして冷やし中華。深めの器だった。スープがたっぷり。
使った金額1,000円~1,999円
評価(星3つ)

[PR]
by misoitame | 2013-08-28 22:00 | たべる
来年1月分の週間予定表をつくった。
巻末のノートのページを利用した。

やはり月間の予定表だけでは不便である。

線はとくに引かず、升目にあわせて日にち、曜日を入れた。

正午と午後6時がわかりやすいように、月曜日の欄外に12、18とかいた。

スケジュールページでは〔ツードット時間軸〕を、そのまま正午と午後7時を示す印としていかしている。
自家製予定表では、これに準じて正午と午後6時の時間軸として数字を入れて明示した。
裏うつりしている升目を時間の目盛としている。
〔ツードット時間軸〕のノド側のドットが方眼ひとつ分左にあれば、そのまま午後6時の印にできる。

そこへ予定を書き入れた。

ついでに3月分までつくった。

もともと方眼の罫が印刷してあるので、記入は楽である。
簡素でよい。

7月から復活させたタイム・クエスト風タスクリストも十字に罫を引くのをやめて、中心の点を打つだけにしてみるつもり。
方眼の一カ所に印をするだけでもマトリックスはみえてくる。来週のページで試した。
よさそうだ。

9月1日から2014年版の販売がはじまるらしい。
ソフトカバーの製品は、ホワイトラインの入った、ブラックとアイボリーだけのようだ。

2014年版の〔ほぼ日WEEKS〕を購入したら、まず、15年3月までの週間予定欄をつくってしまおう。
[PR]
by misoitame | 2013-08-28 12:00 | 文房具