日々のあれれれ ← 日々のあれこれ


by ponta
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:★★★★ ( 48 ) タグの人気記事

親子丼/辰の字

a0018364_12455560.jpg
a0018364_12455732.jpg
a0018364_12455852.jpg
親子丼850。

焼き方の主が不在だ。
本日は親子丼だけ。
焼鶏弁当をまたもたべそこなった。

ゆるいたまごがうまい。
スプーンが用意してあるが、箸でたべたい。

無垢のよいカウンターである。

いちばん入り口よりの椅子だけ、前後を逆にしておいてあった。

強烈な日ざし。猛暑がもどってきた。

[PR]
by misoitame | 2013-08-30 12:30 | たべる
はしご酒。
座敷で一献。一組先客あり。

カウンターはたぶんうまっていたのだろう。

マスターから酒場放浪記の放送が9月2日に決まったと聞く。

「吉田類の酒場放浪記」のページから居酒屋北海道の紹介を引用させていただく。
■ #560 新富町「居酒屋北海道」 2013/9/2 初回放送
新大橋通りに面した年代物のマンションの一階にある。カウンターに詰めれば7人ほど座れる。店は開業して29年目。北海道余市出身のマスターは上京し長くサラリーマンを勤めていたが、一念発起して脱サラし居酒屋に挑戦。築地に近いことから売り物は新鮮な魚介。ご常連を飽きさせない仕入れを心がけている。特に刺身の三点盛りはボリュームもたっぷりで、おすすめ。頼めばいろいろな調理で対応してくれるのも有り難い。

ほめ上手。
うまいものである。

吉田類の放浪マップにしってる店があればあったでうなづき、なければないでうれしい。
訪れられたことは、そのままよろこびたい。
[PR]
by misoitame | 2013-08-26 23:00 | たべる

みづほ

a0018364_1243833.jpg

お通しは、しらすおろし。
大先輩との打ち合わせを兼ねた、遅めの〔暑気払い〕。
生ものをさけていらした。

仕事がらみながら、談論風発。癒される。

[PR]
by misoitame | 2013-08-26 22:59 | たべる
孤独のグルメSeason3 第7話「目黒区 駒場東大前の『マッシュルームガーリックとカキグラタン』」。

マッシュルームガーリック950、カキグラタン1050。
ボラーチョスープ。店名冠系としてえらんでいた。
全部いいぞ。

ボラーチョ、行きたい。

久住さんのたべていたスパゲティボラーチョもよさそうだ。

Borrachoをしらべたらこんな例文があった。
estas borracho?(エスタス ボラーチョ)
あなたは酔っていますか?

estoy muy borracho(エストイ ムイ ボラーチョ)
私はとても酔っています。


五郎には、駒場野公園で、プチハッシュではなく、たこやきをたべてもらいたかった。
[PR]
by misoitame | 2013-08-22 21:22 | ビデオ
一帯の再開発の噂をきき、ひさしぶりに北海道によった。
事実だった。
同じ建物の讃岐流明治亭(2013/7/26閉店)、五湯道など閉店していた。
五湯道は隣の建物だった(2013/3/29閉店)。
明治亭はBGMがビートルズだけのうどん屋。

先客は大人のお姐さん二人に、おじさん一人。
あとから若い常連が一人ずつ二人。

8月初めに「吉田類の酒場放浪記」の撮影があったという。
ディレクターが北海道の出身だとか。
10人ほどのクルーだったらしい。
放送は9月初めらしいが、未定。
大将は、有名になったとたんに店がなくなったのでは具合が悪いと笑っていた。

内山高志のポスターが2種類貼ってある。
その一枚の下に、酒場放浪記のチラシが掲示してある。
ハイボールはじめましたの貼り紙。〔深夜食堂〕みたいである。

肴がけっこうそろっていた。
刺身がうまかった。
サッポロ黒大瓶600。

a0018364_1356635.jpg
22日、とおりがかりに撮った。
スタンド看板がやけに新しい。ホワイトボードのお奨めメニューが詳しくなった。飲み物の値段も明記してあり、安心感がある。
テントの電話番号は文字が欠けたままである。
袖看板には〔北の誉〕とある。


a0018364_13331259.jpg

23日撮影。
〔北海道〕のある〔正金アパート〕全景。

右下の青いテントの店が〔北海道〕である。
左隣は喫茶〔鈴蘭〕。ずいぶん以前に廃業。
その横がイタリアン〔トラットリア・ダ・チッチョ〕。欄間看板とテントが見える。
八百屋、明治亭(2013/7閉店)と並ぶ。
角の〔石黒木版所〕はテントもはずしてある(2013/7閉店)。
その奥が〔貝焼祥音(カイヤキショウオン)〕。
正金アパートはここまで。

左手奥に赤地に白抜きのハコネ薬局の袖看板がみえる。
[PR]
by misoitame | 2013-08-21 23:00 | たべる

ふくろ

a0018364_716231.jpg
瓶ビール(スーパードライ大瓶)500、刺し盛り800、やさいかき揚げ350。
清酒(大関)300。
冷奴300。
瓶ビール500。
お通しは、250。

きょうの刺身はよかった。
使った金額3,000円~4,999円
評価(星4つ)

[PR]
by misoitame | 2013-08-20 21:00 | たべる

からすみ

a0018364_7595695.jpg

シャワーを浴びて、朝から到来物のからすみで一杯。冷奴もかかせない。
[PR]
by misoitame | 2013-08-20 05:30 | たべる

古典との対話

【送料無料】古典との対話 [ 串田孫一 ]

【送料無料】古典との対話 [ 串田孫一 ]
価格:1,050円(税込、送料込)


カバーデザイン:神田昇和
装画:串田孫一

購入日:2013/8/14

枕元においておきたいような本がつづく。
どれも、よみたくなる。
まず『パンセ』だが、まったくよんだことのない『味覚の生理学』が先だろうか。

新しい本棚に、あちらこちらに押し込んである本を並べなおしたくなる。
ないものは、そろえたくなる。

1 人間とは何か
考える葦ーパスカルの『パンセ』/故に我ありーデカルトの『方法序説』/知りたがる心ープルタルコスの『モラリア』/偽りのない書物ーモンテーニュの『随想録』/食欲と美味と快楽ーブリア・サヴァランの『味覚の生理学』/心の貧しき者ーマタイによる福音書/太陽と死ーラ・ロシュフコーの『省察と箴言』/運命の女神ーマキアヴェリの『君主論』
2 自分とのたたかい
隠れて生きることーエピクロスの一断片/孤独と法悦ーアミエルの『日記』/遁世者の心ー鴨長明の『方丈記』/空言多き世ー兼好法師の『徒然草』/憂愁の天才ーショーペンハウアーの『意志と表象としての世界』
3 生きる道を求めて
処世の要諦ー千字文/仁者は山を楽しむー論語/心に在るものー詩経/内直而外曲ー荘子
4 古典と共に
宇宙国家の同砲ーマルクス・アウレリウスの『自省録』/虫の黙示録ーファーブルの『昆虫記』/故事と共にールソーの『エミール』/怠惰な多忙ーセネカの『道徳論集』/理想郷ートマス・モアの『ユートピア』

[PR]
by misoitame | 2013-08-19 11:07 | 本棚

Leverage

huluのお奨めにあったので数本視た。

悪者の金をだまし取って、善人を救う。ハイテク鼠小僧チーム。
ただしい〔おつとめ〕の物語。
一話完結型は歓迎。

有無をいわせず悪党をあの世に送ってしまうわけではない。
仕事をしている方も暗くない。

暑熱をしのぐのにはちょうどよい。
積読状態の本を土・日でよむつもりだったがビデオ、コミック三昧になってしまった。

「レバレッジ〜詐欺師たちの流儀」というすごい邦題がついていることを後でしった。
[PR]
by misoitame | 2013-08-11 18:00 | ビデオ

全料理半額/ふくろ

a0018364_7395016.jpg
a0018364_7395255.jpg
a0018364_7395334.jpg
使った金額1,000円~1,999円
評価(星4つ)
8日だった。全料理半額。
店の前まできて貼り紙で気づいた。

刺身盛り合わせ800。
冷奴300。
コロッケ300。
これが半額。

ビールはやはり大瓶でのみたい。
堪能する。

ただ、刺身の4種盛りは妙な感じ。

肴は刺身、豆腐と揚げ物。これでよい。
あと、焼き魚。
そして大瓶のビール。

「毎月8日全料理半額!」ということなので、グーグルカレンダーに記入した。
しばらく遠のいている間にすっかり忘れていた。

平日(8日除く)の11時まで中生400円→200円というタイムサービスがあるらしい。こちらは縁がうすい。

酒場ふくろ

[PR]
by misoitame | 2013-08-08 21:00 | たべる