日々のあれれれ ← 日々のあれこれ


by ponta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

法隆寺

a0018364_1540513.jpg
a0018364_1540664.jpg
a0018364_1540777.jpg
a0018364_1540985.jpg
a0018364_1540814.jpg
a0018364_15401067.jpg
a0018364_15401173.jpg
a0018364_15401393.jpg
a0018364_1540141.jpg
a0018364_15401556.jpg
法隆寺駅にあったバスの時刻表には駅から法隆寺まで徒歩20分、バスなら7分とある。9時台から走り始める。1時間に3本。

ぶらぶら歩く。
雨のふりだしそうな怪しい空もようだ。
何組か歩いている。

松並木の長い参道から南大門へ。参道脇のみやげもの店はまだほとんどめざめていない。

南大門から中門、五重塔をのぞむ。
中門の真ん中の柱が目立つ。

中門の金剛力士像。

御朱印は聖霊院でいただける。
「以和為貴」

つづきをhttp://www.geocities.jp/tetchan_99_99/international/17_kenpou.htmから拝借しておく。
忤(さから)うこと無きを宗(むね)とせよ。人みな党あり、また達(さと)れるもの少なし。ここをもって、あるいは君父(くんぷ)に順(したが)わず、また隣里(りんり)に違(たが)う。しかれども、上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて、事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは、すなわち事理おのずから通ず。何事か成らざらん。


かつてのCG画像のようなのっぺりした大宝蔵院に入って東宝殿で拝観しているときに雷の轟。
外へ出るといまにもふりだしそうな雲行きだった。
無料休憩所に寄ったところへ、沛然と、といいたくなるような驟雨。

自動販売機の珈琲をのんだり、みやげものをみたりして、しばらく雨宿り。
つれは飛天のハンカチを買った。

「大雨フリ 雷震ル」。(日本書記)

雨はすぐにあがったので東大門を出て急ぎ夢殿へ。

*エクサイトブログのiPhoneアプリのこのスタイルでは写真10枚まで
場所
法隆寺
奈良県斑鳩町法隆寺山内1-1

by misoitame | 2013-03-31 10:00 | 散歩