人気ブログランキング |

日々のあれれれ ← 日々のあれこれ


by ponta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

どくとるマンボウ航海記


(楽天ブックスは画像のないことがけっこうある。現行の書籍なのだからつけてほしい)

昭和四十年ニ月二十八日発行
昭和六十二年十二月二十五日五十三刷改版
平成六年六月五日六十六刷
定価360円
新潮社
この作品は昭和三十五年三月中央公論社より刊行された。


佐々木侃司のカットが懐かしい。
カバー:矢吹申彦
解説:村松剛

文字はちいさいが、ルビがおおくてよい。
普段あまりかんがえないことだが、ルビは重要だ。
つい音読みですませてしまうことばが、訓読みだったりする。そもそも漢字を形でみているだけだったりすることもあるかもしれない。

総ルビにしてしまえばよさそうなものだが、逐一ルビをふるとなると、かなりむずかしい作業になりそうだ。

かつては気にならなかったが“不適切”な表現が目につく。

汚い、という形容も多い。

単行本をもっているのは間違いないが、すぐにはでてこない。
ルビなど比べたい。

いまよんでも面白い、とはいえない。
かつての愛読書ではあるが。
by misoitame | 2013-05-07 22:00 | 本棚