日々のあれれれ ← 日々のあれこれ


by ponta

2012年 06月 19日 ( 1 )

古書店めぐりは夫婦で

本に関するおしゃべりばかりで、なかなか事件が起きないと思っていたら、タイトルどおりのノンフィクションだった。
ハヤカワ文庫の棚にあったのでミステリだとはかり。訳が朝倉久志であることくらいしか確かめなかった。

つぎつぎ読みたくなる本が出てくる。米国の古本の世界に触れることのできる楽しい一冊。続編も読みたい。
英米の古本の世界の入門書にもなる。

ジャケットをセロテープで留めてあった。帯も、裏表紙の対向ページに綺麗に折ってテープで留めてあった。

2012.6.17購入 ブックオフ105円
2012.6.19読了

訳 朝倉久志
カバー 渋川育由
発行所 早川書房
1999.9.10印刷
1999.9.15発行 定価680円
印刷 信毎書籍印刷
製本 明光社

古書店めぐりは夫婦で

古書店めぐりは夫婦で
著者:ロ-レンス・ゴ-ルドスト-ン
価格:777円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


[PR]
by misoitame | 2012-06-19 05:32 | 本棚