人気ブログランキング |

日々のあれれれ ← 日々のあれこれ


by ponta
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:電子書籍 ( 2 ) タグの人気記事

この青空文庫を現状、Amazon、BookLive、koboでは扱っているが、リアル書店のあるhonto(ジュンク堂、丸善ほか)やBookWeb(紀伊國屋書店)にはなかった。

iBookstoreにはあった。

とりあえず、通販による紙書籍の取扱いの有無とリアルな書店の有無を軸にマトリックスをつくってみた。

専用端末をもっている電子書店Amazon(Kindle)、kobo(kobo)、BookLive(Lideo)、iBookstore(iPhoneほか)はリアルな店舗展開がない。
リアルな店舗と連動しているhontoとbookwebには専用端末がない。
三省堂書店はBookLiveのLideoを販売している。

       【リアル書店×=端末○】 【リアル書店○=端末×】
【書籍通販○】 〔Amazon / kobo〕〔honto / BookWeb〕
―――――――――――――――――――――――――――
【書籍通販×】 〔BookLive / iBookstore〕〔______〕
                           
自分にとって利便性の高い店は、Amazonとkoboだが、koboは端末やらアプリやらに問題があるので有料の電子書籍を買う気にはなれない。Amazonとは比較のしようもない。

iBookstoreはつかったことがなかった。
いまだに初代iPadなので、利用できないことをしった。そろそろ新しくしないとダメなのか。
日本語版ブックには、iBooks 3.1およびiOS 6.1が必要です。

iPhoneでチェックしたら、「日和下駄」があった。フリーで入手。ただし、いちいち暗証番号を要求される。Kindleのようにワンクリックというわけにはいかない。
ついでに開高健の電子全集の有無をしらべたら、あった。あったけど1,100円で他より高い。ポイントもつかないみたいだ。他店は1,050円。

iBookstoreをつかうと、そこで閉塞してしまう。
アンドロイド端末には対応しないだろうし。

日和下駄 一名 東京散策記 [Kindle版]
永井 荷風 (著)
5つ星のうち 4.0 レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
Kindle 価格: ¥ 0
販売:Amazon Services International, Inc.
紙の本の長さ: 63ページ (推定)
利用可能な端末
Kindleをお持ちでない場合、 こちらから購入いただけます。

「日和下駄」はこの数日、ポッドキャストで朗読を聞き直して、改めてよんでみたくなった。
ポッドキャストでは1時間ほどのファイル3本になっている。

ウィキの〔電子書籍〕関連の記述が古すぎて、力がぬけた。
ほとんど役に立たない。
by misoitame | 2013-07-30 12:30 | 本棚

古寺巡礼

枕頭用に紀伊國屋書店で電子書籍を購入。

写真の質がわるい。
挿画目次にリンクが貼ってないので各写真にブックマークをつけた。
写真は24点。撮影は入江泰吉。

写真がいつでもみられるように電子版を買ったようなものだ。
自宅ではiPad、外ではiPhone。

横になってよむのには紙よりタブレットの方が便利だ。
灯りも消しておける。

機械函に入った単行本(岩波)
『初版 古寺巡礼』(ちくま学芸文庫)
ワイド版岩波文庫
青空文庫版
それに岩波文庫の電子版で
和辻の古寺巡礼は5種類になった。

【送料無料】古寺巡礼改版 [ 和辻哲郎 ]

【送料無料】古寺巡礼改版 [ 和辻哲郎 ]
価格:840円(税込、送料込)

ジャケット写真は薬師寺東塔。
これはもっていない。

ジャケット写真撮影は天野裕子。
どこの写真か明記はなし。

以前に京都で買った。
記憶ちがいだった。

巻末に注記がある。
本文庫版は1920年8月20日刊の7版を底本とし、本文中の写真も同書から複写した。写真撮影は小川晴陽氏によると思われるが、今回、確定には至らなかった。

現行の岩波文庫版の写真は入江泰吉。
この写真のちがいはおおきい。印象が変わってしまう。

索引もある。

【送料無料】古寺巡礼 [ 和辻哲郎 ]

【送料無料】古寺巡礼 [ 和辻哲郎 ]
価格:1,260円(税込、送料込)

最近購入。
写真について編集付記に「挿画写真は、全集版掲載のものを使用した」とある。

アマゾンでしらべたら、単行本の古本は240円からある。
by misoitame | 2013-04-17 23:00 | 本棚